環境調和型反応の開発

現代社会の大きなテーマの一つが、サステイナブル(持続可能な)社会の実現である。

20世紀で行ってきた試行錯誤の「定性的反応」から、さらにコンピュータ化学と共同して、より高確率で反応予測さらには反応収率までを予測して行う21世紀型の「定量の化学」として確立し、有機合成化学的側面からサステイナブル社会の実現に寄与したい。

また、環境調和型反応として、一つの反応容器内で、複数の反応が進行するドミノ型反応や多成分連結反応、有機触媒反応などを開発し、廃棄物の少ない効率的な反応の開発を行っている。